メインイメージ

会社設立をする方法

最安の費用で会社設立をする方法について

会社設立をするには、多額の費用がかかります。あらゆる手続きを自力で済ませた場合でも、最低ラインで24万円以上出費額になるものです。しかし、この費用をできるだけ抑えて最安の費用で会社を作る「電子定款」「電子定款認証」という方法があります。

会社設立を行う場合、費用がかさむ理由は「手続きに不必要な物を買うお金が必要だから」です。その最たるものが定款に貼る「収入印紙」であり、その額は4万円にもなります。会社を最安で設立したいのであれば、その有効な方法は「収入印紙を利用しないこと」になります。「電子定款」の形で定款を作れば収入印紙を使わず定款を作ることができますから、最安費用を望むのであれば、電子定款の利用は必須と言えます。

ただし、電子定款を作り、公証役場で認証を受けるには、専用のソフトと機器が必要になります。いずれも高額であり、自力で電子定款を作ろうとすれば、紙媒体の定款を作るよりも費用がかさむことになります。電子定款で定款を作り、かつ専用のソフトや機器を購入せずに済む方法が必要です。

そこで、「士業関係者に会社設立代行を依頼する」という選択肢が現れます。弁護士、司法書士、行政書士、税理士といった方々の事務所には、電子定款の作成と、電子定款認証に必要な専用ソフトと機器が完備されています。発起人が会社設立を依頼すると、その資格に応じた形で代行を行ってくれます。

この中で、最も安価な会社設立代行プランを提案しているのは、行政書士です。行政書士は法律上、会社設立の全てを代行することはできません。しかし、その中でも最も難解な書類作

Copyright© 2014会社設立を安く、しっかりするための方法を学ぶ All Rights Reserved.