メインイメージ

安い費用で行う

会社設立を安い費用で行う方法と、その仕組み

会社設立を行うには、様々な形で費用がかかります。合計で24万円以上の費用を負担する事になりますが、この設立費用は士業関係者に相談することで、安い費用に抑えることができるものです。

会社設立代行サービスは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士の事務所が受け付けています。一般的に、こうした士業関係者に仕事を依頼すると何万円、場合によっては何十万円、何百万円と、「巨額の費用がかかるのではないか」と思われがちです。しかし、会社設立代行サービスは士業関係者への報酬を含め、自力で行うより数万円安い費用で会社設立ができます。

その仕組みの核が、「定款認証」です。定款は「会社の憲法」であり、設立の前に必ず作成する必要があります。そして、公証役場で「それが正当な手続きを経て作られたもの」という定款認証を受ける必要があります。

この定款の書類を作るには「収入印紙」が4万円分必要となり、これは高額な会社設立費用の一因となっているものです。しかし、現在は収入印紙を使用しなくても定款の書類を作る方法があります。それが、電子媒体(CD-Rディスク、USBメモリ等)で作った「電子定款」です。電子定款には「収入印紙がいらない」という特徴がありますから、収入印紙の為にお金を支払うことがありません。

つまり、士業関係者はこの電子定款認証を利用することで、従来は支払う必要があった4万円を浮かせているのです。士業関係者に会社設立代行を依頼すると、この4万円から仕事の報酬を差し引かれる事になります。それでも、費用総額は自力で行うより数万円安くなります。この様な仕組みがあるため、会社設立は自分で行うよりも、士業関係者に依頼する方が安くできるのです。

では、この電子定款を自分で作成できないのかというと、できないことはありません。ただし、電子定款の作成と公証役場への予約の為に、専用のソフトや機器が必要になります。これらの購入代金を合計すると、結果的に士業関係者へ依頼するよりも高くなってしまうものです。

以上の様な仕組みから、士業関係者に会社設立代行サービスを依頼すると、自力で行うよりも安い費用で会社設立ができます。注意点として、そのサービス内容は所属する士業関係者の資格や能力、事務所の方針によって大きく異なるものです。電子定款で浮いた4万円分を、別の士業サービスに転換して、アフターサービスを充実させている事務所もあります。また、そうした事務所の中には、より高度な士業サービスを廉価に利用できる費用に充てている場合もあります。

会社設立代行を士業関係者に依頼して安い費用で押さえたい、と考えている方は、事前の調査が大切です。依頼しようと考えている事務所のサービス内容が、自分の目的にあったものかどうかを判断してから依頼するのが賢明と言えます。

Copyright© 2014会社設立を安く、しっかりするための方法を学ぶ All Rights Reserved.