メインイメージ

会社設立の代行

会社設立を前向きに考え、代行の依頼をする

会社設立は発起人が自力で行うことができるものです。ただし、その費用は合計で24万円以上となり、書類作成や届け出にも大きな労力と多くの時間がかかるものです。また、その作業は厳密なものです。ほんの少しの記入間違いでもやり直しをしなければいけませんから、自力で行うのは敷居が高いものです。そこで、こうした需要に応じた士業関係者が、より早く、より安く、より確実に会社設立を行える「会社設立代行サービス」を提供しています。

会社設立代行サービスは、弁護士、司法書士、行政書士、税理士といった事務所が受け付けています。より早く、より安く、より確実に会社設立を行う為に必要な技術や機器を備えていますから、自力で会社設立を行うよりも、士業関係者に依頼をする方が結果的に費用総額を安く抑えることが可能です。

サービスを利用する上で注意すべきポイントは2つあります。1つ目は、「全部任せるのか、一部だけ任せるのか」です。同じ士業関係者であっても、会社設立のどこまでを代行できるかは法律で決められています。全てを行えるのは弁護士と司法書士だけです。士業関係者に全てを任せたい方であれば、弁護士か司法書士の事務所に依頼するのが賢明です。

一方、行政書士や税理士に依頼した場合は、法務局や公証役場へ出向く作業を自力で行うことになります。ただし、作業は15分ほどで終わる簡単なものです。行政書士や税理士から、作業内容と流れの指導やマニュアルが提供されますので、誰にでもできることです。

この弁護士・司法書士と、行政書士・税理士との立場の違いは、覚えておいて損はありません。サービスを提供している業者の中には、無資格でサービスを実施している悪質な業者も居るものです。立場の違いを知っておけば、士業の資格を持たず、あるいは資格で許された範囲を超えてサービスを受け付けている違法業者を避けることができます。

正当な業者を選ぶ場合も、「費用」「サービス内容」の2つを注意点として覚えておきましょう。一般的に、弁護士や司法書士は依頼費用が高い傾向があります。自力で会社設立を行ったのと同額か、それよりも高額な費用設定をしている事務所が多くあります。その代わり、後々の会社経営に有効なサービスを提供するアフターサービスを充実させているものです。

行政書士・税理士は、依頼費用が安い傾向があります。自力で会社設立するのに比べ数万円安くなることをアピールしている事務所が多くあります。弁護士や司法書士の事務所と比べると、アフターサービスが無いか、あるいは控え目なサービスである場合が多いものです。

サービスの利用検討は、事務所毎の特徴、費用、サービス内容を事前に調べた上で行うのが賢明と言えます。自分の利用目的にあった事務所に依頼することで、後々まで後悔のない会社設立を行うことができるでしょう。

Copyright© 2014会社設立を安く、しっかりするための方法を学ぶ All Rights Reserved.