メインイメージ

手数料が無料

会社設立の手数料が無料の専門業者もあります

ある程度会社で働いていると、能力の高い人と、そうでもない人との差が、人事評価の差となって表れてきます。給与面での差もありますが、目に見えるところでは、役職の差となって表れます。いつの間にか、かつての上司が部下になっているという状況も、現実社会では見られます。

さて、そのように、明らかに他人が自分の力を評価するにおよび、自分でも自分の能力をいうものを、自覚せざるを得ないでしょう。自分で会社設立しても、大丈夫ではないか。そう思うことがあるでしょう。
その考えは、間違っていません。起業をして成功するタイプの人と、自道に会社に奉仕するほうが良いタイプの人とがあるのです。人事評価は、自分が下すものではありません。人が客観的に判断して下した評価ですから、あなたはリーダーに向いているタイプなのでしょう。
ならば、早めに会社設立に向けた動きをすることです。あなたが今20代でも構いません。早すぎるということはありません。往年の大企業の創業者は、会社設立当初は、ほとんどが20代です。あるいは、あなたがもし今30代ならば、焦って下さい。早く独立起業しましょう。手遅れにならないうちに。
さて、会社設立に向けた熱い気持ちは持ったままでいてほしいのですが、現実的には、設立、および設立後に必要な資金は工面しなければなりません。設立費用は、大した金額ではありません。設立後の数年の、いわば運転資金です。利益が出ていなくても、従業員に給与を払わなければなりません。一人企業であったとしても、自分の生活費が必要です。事業が軌道になるまでは、お金がかかるのです。まずお金の問題を解決して下さい。親が援助する、というパターンでも恥ずかしくありません。むしろ、普通です。
次に生じる問題は、具体的な会社設立の一連の手続きです。会社は自分一人でも設立できます。そのようなマニュアル書も多数出ています。しかし、本気で起業し、成功を狙うならば、そのような煩雑な手続きを自分でやる、などという悠長なことは言っていられません。会社とは、レバレッジを働かせるからこそ利益が上がるのです。換言すれば、他人にお金を払って代行してもらうからこそ、儲かるのです。迷わず専門家に会社設立代行を依頼しましょう。
専門家とは、司法書士や行政書士、税理士といった人たちです。どの事務所に代行を依頼するかという点では、まず手数料を比較してみましょう。最近では手数旅無料という代行事務所もあります。
ただし、無料という事務所は、会社設立後に顧問契約を結ぶこと、という条件が付けられています。よって、自分の会社の顧問として信頼できる実績があるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

Copyright© 2014会社設立を安く、しっかりするための方法を学ぶ All Rights Reserved.